2013年06月10日

不眠→眠れるようになった男性が体験をイベントでお話されます

http://www.la-sophia.co.jp/yumi/

会社のストレスから眠れなくなって、疲れもとれずにいた男性
ビジョンヨガを取入れて、体調もよくなり会社も楽しくなった体験談を
6/15(土)「質の高い睡眠で体質改善」イベントでお話頂きます。
自らの体験を1人でも多く聞いて頂き、良く眠れる様にしてもらいたいとおっしゃいます。

インターネット上に下記の記事が公開されていました。

<家族の病死>8割「眠れない」 看病ストレスや喪失感

 病気で家族を亡くした人の8割以上が、死別を経験する過程で睡眠の不調を経験しているとの調査結果を、公益財団法人「日本ホスピス・緩和ケア研究振興財団」(大阪市)の調査チームがまとめた。看病を巡るストレスや死別後の喪失感から、患者の家族は「第二の患者」ともいわれる。チームは「うつ病などへの進展を防ぐ上で、睡眠に着目することは有効」と指摘する。

 がんなどの終末期医療に取り組むホスピスや病院142施設の協力で、987遺族に「眠り」について尋ねた。有効回答は561で、死別からの期間は「1年〜1年半」が約9割を占めた。

 「寝付きが悪い」「深く眠れない」「早く目が覚める」といった不調を感じた人は、▽死別直前(数週間前〜死別)に 87%▽死別から半年以内に85%▽死別から半年以降に73%。また、全体の59%が、不調が死別経験によるものと答えた。

 回答時点でも、こうした不調を約6割が感じており、その57%は「日常生活に支障がある」と回答。しかし、医療機関を受診した人は15%にとどまった。

 心身ともに強いストレスなどを抱える状態が長く続くと、不安や「抑うつ」と呼ばれる症状が表れやすく、うつ病などにつながるリスクも高まる。回答時点で抑うつ状態が疑われる人は53%おり、睡眠の不調も影響していると考えられた。

 チーム代表の谷向仁(たにむかいひとし)・大阪大病院オンコロジーセンター特任助教(精神医学、精神腫瘍学)は「死別をきっかけにアルコール依存症になったり 『生きていてもしょうがない』という気持ちが強くなることがある。睡眠の不調を一つの予兆ととらえ、死別前から家族の心理的ケアに取り組むことは重要だ」と話す


 質の高い睡眠を得たい方は、ご自宅でもできるDVDがおススメです・・



posted by 有美 at 11:41| Comment(0) | 食コラボレーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: